ニックネームほたる
性別 女性
現在の読者数 : 0 人
 
この記事を編集したい場合は こちら より行えます。
コメントやトラックバックの標準の公開・表示の設定を変更したい場合は こちら より行えます。
2017年11月08日(水) 09時15分

林檎のパイとクリスマスのリース

ライフスタイル
朝晩が本格的に冷えるようになり、そろそろ手袋が欲しいなと思い始めた頃、義母が遊びにやって来ました。
いつもは私が子供達を連れて夫の実家に赴くのが常なので、珍しいなと思いながら、義母の好きな洋菓子店で、タルトタタンを買ってきて、添える生クリームを泡立てていたら、義母が到着しました。

私が昼食の心配をしないように、途中、乗り換え駅の百貨店に寄り、孫達にお土産を買ってくれてから、店内のコーヒーショップでサンドウィッチを食べてくるのが、お決まりのコースなのです。
お昼も一緒に食べましょうよと誘っても、時々あそこのサンドウィッチが食べたくなるのよねぇ、と笑う。
今回は、子供へのお土産だけでなく、大きな紙袋を「これは里佳子さんに」と渡してくれました。誕生日でもないのに、何ですか?と驚く私に、義母は悪戯っぽく笑い、開けるように促しました。

早速開けてみると、赤とシルバーの大人っぽい色合いのリースが出てきました。
お義母さん、どうしたんですかこれ!?すっごく素敵ですねぇ!と言うと、義母は我が意を得たりと言った感じで、いいでしょ?私が作ったの。クリスマスの飾りにしてね。と言うので驚きました。

なんでも、お友達に誘われて、パリのフラワースクールでディプロマを取ったという先生に習いに行って、作ったのだと言う。先生の名前を聞いたら、偶然にもこの前雑誌に載っていた美しい女性でした。
お義母さん、そのフラワースクールでディプロマを取った先生、ここに載ってますよ!と言ったら、義母、大喜び。
子供達も帰ってきたので皆でお茶にしました。
この記事へのトラックバックURL
https://hotaru.prtls.jp/tb/d_327f3af97e1b87
この記事へのコメントの登録は 『 標準の設定を適用(全て受け付ける) 』 に 設定 されています。
登録されたコメントの公開は 『 標準の設定を適用(全て公開) 』 に 設定 されています。
標準の公開設定は こちら より変更することができます。
名 前 *
【 全角100文字以内 】
URL
【 全角500文字以内 】
お知らせしたいURLがある場合は入力してください。
コメント *
【 全角1000文字以内 】
いいね!を付ける場合は こちら をクリックしてください。
画像認証 *
認証の為、上に表示されている英数字を入力してください。
 
2024 年 6 月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30