ニックネームほたる
性別 女性
現在の読者数 : 0 人
 
作成した記事の一覧を閲覧できます。
他ポータルのブログ記事を検索したい場合は こちら より記事の検索を行えます。
カテゴリーなし … 26 件
≪ PREV
1
2
3
NEXT ≫
2016年06月01日(水) 16時06分
結婚した当初は、主人なしで主人の実家へ行くことなんて考えられなかったのですが、子どもが産まれてからはちょくちょく行くようになりました。
主人の実家へは、今住んでいるところから、車で40分程かかります。
ちょっと遠いのですが、時々、子どもを連れて、主人がいなくても行くことがあります。

初めて私一人で行ったときは、お義母さんは、主人も一緒だと思っていたようで驚いていました。
子どもがいると行きやすいですね。
義両親とも、子どもをかわいがってくれてありがたいです。

うちの上の子は、トマトやフルーツが好きなのですが、事前に連絡していくといつも買っておいてくれます。
子どもは大喜びです。
2016年05月06日(金) 22時00分
この間、久しぶりにお買い物をしたんです。
最近ずっと、仕事がすごく忙しくて、他のことが全然考えられなくなっていました。
だから、私の「あれがほしい!」「これが買いたい!」という買い物に対する欲望は、全くなかったんです。
でも、その忙しさがちょっと落ち着いて、時間が少し空いたので、気分転換にデパートに寄り道してみました。

そうしたら、タガが外れたみたいに、一気にあれもこれも欲しくなってしまったんです。かろうじて働く理性で。買い過ぎないように気持ちをおさえていましたが、結局、服2着とトートバッグを買っちゃいました。どれも一目惚れの衝動買いです。服に関しては、2着とも一目惚れとはいえ、仕事で使えるようなデザインでしたから買った意味はあったと、とっても満足しています。

ですが、問題は、トートバッグの方です。正直なところ、トートバッグを使う機会ってあんまりないんですよね・・・。通勤にはショルダーバッグを使いますし、トートバッグだとカジュアルすぎて通勤には不向きなイメージですから。だから店頭でこれを目にした時、ものすごく迷いました。
買っても使う機会が少ないのでは、と散々悩みました。でも、デザインがとても好みで、すごく惹かれたんです。白地に中央にあるブーケのような花の絵が印象的なバッグです。かなり大きめで持ち手の部分がやや長めなので肩に楽にかけられます。店員さんに勧められて、持った姿を鏡で見たら、もう買うのをやめる理由が見つかりませんでした。

2016年05月06日(金) 21時57分
現在住んでいる家の前の家は、追い焚き機能が無かったので、普段はシャワーばかり使い、真冬などしっかり温まりたい時には、銭湯や温泉の日帰り入浴などを利用していました。

ですが、現在の家に引っ越してからは、新しいお風呂場、広い浴槽、そして追い焚き機能のおかげで、毎日湯船に浸かる生活を満喫していたため、温泉施設などの利用は、一気に無くなってしまったのです。

そしてこのたび、久しぶりによその大浴場に浸かりたい気持ちがムクムクと湧き出て、家から歩くと20分くらい、車ならすぐに到着する距離の温泉施設に行ってきました。

時間は、夜ではなくてお昼過ぎ。平日なので、そう混んではいませんでした。

こちらは天然温泉掛け流しという謳い文句ではありましたが、いわゆるスーパー銭湯で、低料金で複数の種類の大浴場が楽しめるという素敵な施設でした。

2016年03月09日(水) 14時25分
私の住んでいる地域には小さな神社があります。毎年秋のお祭り、元旦参り、そして、節分祭りが行われています。
この節分祭りとは、神主さんのお祓いの後、近所の子供達が集まり、神社内で豆まき、お菓子まきをします。
今でもこの風習を地域の神社で行われているのは少ないのではないかと思います。

この地域に引越しをして去年に引き続き子供3人連れて行ってきました。去年産まれた末っ子は初めて節分です。
上の二人は去年も行ったので、また大量のお菓子を食べれると張り切っています。意外にお菓子が大量にまくので、日々のおやつ代が助かると思っているのは、私だけで当の子供達はすぐさま食べきってしまいます。
普段の食事もこれぐらい食べてくれると助かります。

さて、私の住んでいる地域は年々子供が減少しています。神社に集まった子供達はけして多いとは言えませんが、赤ちゃんから幼稚園児、小学生が集まり、元気いっぱい神社を走り回っていました。その様子を年配の方が温かな眼差しで見ている姿が印象に残りました。地域において子供は宝なんだと言う事が見にしみて分かる一瞬でした。

2016年03月09日(水) 14時21分
海外においては骨董品など価値のあるものを専門とした有名なオークションがいくつかあります。
そうしたオークションに出品されるものは、それなりのものばかりです。
例えば、絵にに関しては、数億の価格で落札される絵画もあります。
絵の価値がわからない人にとっては、なぜそんなに高いのか理解できないかもしれません。
ですが、見る人が見ると価値がわかるそうです。
そんな鑑識眼を持てるようになりたいものです。
では、絵画に関してまったく知識が無い人の場合、すごい絵を見ても何も感じないのでしょうか?
実はそんなことはありません。

有名作家の絵画はやはり魅力があるものです。
2016年02月18日(木) 08時35分
私は、ホテルのビュッフェが大好きで、しょっちゅう行っていたのですが、結婚してからはそんな機会もめっきり減っていました。でも、時々旦那が息抜きをしておいでと言ってくれるので、子供を預けて、よく食べる気の合う友人と一緒にビュッフェに行ったりしています。

しかし、昔は食事メニューとスイーツをエンドレスで交互に食べることができていたのに、年齢のせいかあまり食べられなくなってしまいました。
時間を置くと満腹になってしまいますし、かと言ってそれ以上食べられる訳でもありません。

ホテルのビュッフェはランチで平日だったとしても、それなりの値段を取られてしまうので、元を取らなければという貧乏根性が働いて、食べてしまい、その後苦しむという事態に陥っています。無理のない範囲で、食事を楽しく済ませた方が、絶対に楽しいのは分かりきっているのですが、その場にいると、そういう冷静な判断もできなくなってしまいます。

だから、ビュッフェは当面やめようかなと思っています。思いっきり楽しめたのは、若い頃だけでした。

だから、もう少し落ち着いた感じのお店でコースを食べる方が、のんびりと過ごせますし、値段もそこまで変わらなかったりもするので、そういう方にシフトして行こうと思いました。やっぱり、元を取ろうとして自分に鞭を打つのは、間違っているということに気付いたのです。
2016年02月18日(木) 08時32分
比較的低コストで断熱塗料を利用できるケースは、多くのエリアで見受けられるようになり始めているのではないかと考えられています。また、こうした特徴が断熱効果を有する塗料を積極的に使用する人が増加する要因にもなっているとされており、大きく注目されているのではないでしょうか。このような低コストが特徴となる塗料は数多く存在するようになりつつあるとみられていることから、様々な施設の塗装や塗り替えなどに用いられているのではないかと思います。

断熱塗料を新たに利用したいと考える人や建物の持ち主は、全国的な規模で増加しているのではないかと推測されています。この塗料の利点を最大限に建物に反映させたいと希望する例が高い割合を占めているためです。そのため、低予算で断熱用の塗料が利用できるようになることに関しては、非常に強く歓迎されていると考えられています。今後もより低予算で断熱塗料を活用できる環境が、より多くの場所で確立されていくことが予相されています。これまでよりも断熱効果が高くなることも期待できるようになると考えられていることから、リーズナブルに塗料を利用したいと希望する人から選択される例も増加していくのではないでしょうか。
2016年02月04日(木) 09時17分
バラの栽培が趣味で庭には20種類以上のバラがあります。
年々数が増えていき、気が付いたらもう新しく植える場所がない程になってしまいました。
毎年5月になると美し花を咲かせ、香りにもうっとりします。
もうかれこれ10年程バラを栽培していますが、今年は気温が例年と違うため、バラの様子もいつもと違います。

毎年、12月になると次の花をきれいに咲かせてもらうために剪定作業をするのですが、昨年の12月に剪定をしようとしたところ、いつもと違うことに気が付きました。
枝を切る前に葉っぱを落すのですが、葉っぱを落そうとするとなんともう新芽が出ていたのです。

新芽は通常2月の中旬ごろから出始めます。
梅の花が咲くのと同じ頃で、バラの新芽が出てくると、「春が近づいてきたんだなあ」と感じます。
2016年02月04日(木) 09時13分
最近、車で遠方に出かける用事がありました。
移動時間が長かったので信号待ちの時等に街並みに目をやる機会も多かったのですが、やはり地域が変わると周辺の住宅事情も大きく変わると感じる部分が多々ありました。

郊外では、やはり住宅の数も少なめです。都会に近づくにつれて住宅の数も増え、住宅同士が密集し始めます。
更に高層マンションも増えていき、看板などで目にする新築一戸建ての価格も驚くほど高額になっていくのです。
同じくらいの大きさの家でも、地域が変わるだけで1千万円以上の差が出てしまうケースも珍しくありません。

普段は地元の新築一戸建て物件の価格くらいしか目にする機会がないので、全然違う地域の物件価格を見ると驚かされることが多いです。
マンションが多い地域になってくると、やっぱり土地が限られてきてしまうせいか、一戸建ての価格は驚くほど跳ね上がります。
一戸建てのマイホームに憧れる人はとても多いと思いますが、予算が限られている場合は、物件を購入する地域をしっかり吟味して予算に合った地域を選ぶ必要がありそうです。
2015年12月25日(金) 16時44分
私の友達でバレーをしている人がいるのですが、なんだか顔面にボールがあたることに慣れたと言っていました。
反射神経が半端ないですから、そういうことも日常茶飯事なのでしょう。
それにしても、練習がとても本格的で倒れるほどキツイとのことです。
よくもまぁそれについていっているなと感心です。
でも、バレー自体は私も好きで、したいなと思います。
ハンドボールのキーパーはやりたくありませんが、バレーなら別に顔面にボールがあたろうが何故かあまり怖くありません。
高校時代の体育でやったのがよほど面白かったのでしょう。
記憶として楽しいものだと焼き付いています。
上手くなれば顔にも当たらなくなるし、もともとボールを使ったスポーツや遊びが好きなので、自分の運動神経が出す指令を信じて動くのが楽しいです。
珍しく、バレーなら観戦するのも嫌いじゃないです。
≪ PREV
1
2
3
NEXT ≫
 
2024 年 6 月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30