ニックネームほたる
性別 女性
現在の読者数 : 0 人
 
作成した記事の一覧を閲覧できます。
他ポータルのブログ記事を検索したい場合は こちら より記事の検索を行えます。
≪ PREV
1
2
3
4
5
NEXT ≫
2018年03月14日(水) 17時26分
花が好きな女性に悪い人はいないと言われます。
花は見ているだけで心がほんのりと温かくなるものです。
最近、フラワーアレンジメントに興味を持つ女性が増えているようですが、いい傾向だと思います。
婚活をする際にも、趣味欄にフラワーアレンジメントと書くと男性受けが良いそうです。
それを狙って、敢えて書く人もいるそうですが、そうなるとちょっと打算的な感じがしますね。
でも、基本、花の美に触れることは良いことだと思います。

ちょっとした趣味というレベルからさらにステップアップするためにフラワースクールに通う人もいるようです。
本格的に学ぶためには、やはりスクールで体系的に教えてもらうのが上達の近道だと思います。
また、さらに進んでいる人の中には、スクールできちんと学んで資格取得を目指すという本格派の女性もいます。
2018年03月14日(水) 17時24分
私は、2年ほど前に首の付け根にしこりのような物ができました。
喉の両脇に同じようにできました。ましゅまろぐらいの大きさで、指でさわるとやわらかくて、脂肪みたいな感触でした。
首の付け根なので心配になりました。
リンパの病気とかだったら?と思うと不安になりました。
年齢的にも40代後半なので、いろいろ心配でした。
それで家の近くの大学病院に行きました。

まずはどの科で診てもらったらいいか聞く所があるので、そこで聞いてみました。
喉なので、耳鼻咽喉科で診てもらう事にしました。
その病院で耳鼻科にかかるのは初めてなので、受付の窓口の所で何か出すのかとか、渡されたクリアー・ファイル(受け付け票が入っている)を持っていていいのかとか、わからなかったので、他の患者さんに聞きました。
2017年11月08日(水) 09時15分
朝晩が本格的に冷えるようになり、そろそろ手袋が欲しいなと思い始めた頃、義母が遊びにやって来ました。
いつもは私が子供達を連れて夫の実家に赴くのが常なので、珍しいなと思いながら、義母の好きな洋菓子店で、タルトタタンを買ってきて、添える生クリームを泡立てていたら、義母が到着しました。

私が昼食の心配をしないように、途中、乗り換え駅の百貨店に寄り、孫達にお土産を買ってくれてから、店内のコーヒーショップでサンドウィッチを食べてくるのが、お決まりのコースなのです。
お昼も一緒に食べましょうよと誘っても、時々あそこのサンドウィッチが食べたくなるのよねぇ、と笑う。
今回は、子供へのお土産だけでなく、大きな紙袋を「これは里佳子さんに」と渡してくれました。誕生日でもないのに、何ですか?と驚く私に、義母は悪戯っぽく笑い、開けるように促しました。

早速開けてみると、赤とシルバーの大人っぽい色合いのリースが出てきました。
お義母さん、どうしたんですかこれ!?すっごく素敵ですねぇ!と言うと、義母は我が意を得たりと言った感じで、いいでしょ?私が作ったの。クリスマスの飾りにしてね。と言うので驚きました。

2017年11月08日(水) 09時07分
「歯科医院」とひとくちに言っても。当たり外れによって大きな差が生まれますよね。
もちろん自分に合うかどうかもあるので一概には言えませんが、昨年約10年ぶりに歯医医院に通うことになりました。
10年も歯医医院に行っていないと友人に話すと驚かれましたが、そもそもここまで歯医者嫌いになったのも苦い経験があってのこと。
その10年前に行った歯医者がなかなかのヤブだったため、すっかり歯医者恐怖症になってしまったのです。

当時、引越しした近所にあった三宮の歯科医院はきれいな佇まいの個人医院でした。
地方都市の中でも閑静な住宅街のその地域は、これまで自分が住んでいた地域よりも何となく洗礼されている雰囲気がする土地柄でした。
ある日、ここ数週間ほどずっと歯が痛むというか疼く状態が続いており鏡で見て見ると、奥に他の歯と変わらないほどの大きさに成長した立派な親知らずが生えていました。

さすがにこれは歯科医院に行かねば、と思いましたが、引越ししてきたため以前通っていた地域まで行くのはかなり面倒です。
2017年10月10日(火) 17時43分
マイホームに使う、タオルハンガーとフックを買いに行きたいなと思っていました。

主人が休みで、午前中は新しい家に行って、カーテンの設置を見たり、床のお手入れをしてもらったりしました。
いろいろやろうと思っていたことが、午前中に終わったので、午後、子どもが幼稚園から帰ってきてから、タオルハンガーとフックを買いに行くことにしました。

お気に入りの私たちが好きなお店は、高速を使って車で1時間かかる所にあります。
ちょっと遠いので、まさか平日に行けるとは思っていなかったのですが、マイホームの完成が間近と言うことで、フットワークが軽く、行くことにしました。
気合が入りますね。

1時間かけて建材市場に到着。
2017年10月10日(火) 17時39分
子供が小学後へ行くようになって自分の時間が持てるようになってから、10年ぶり位に歯医者へ行きました。 歯医者って定期的に通うのがいいと分かっていても、虫歯などの痛みがないと後回しにしてしまうと思うんです。 私も、しばらく行っていなく虫歯が出来ているかもしれないという不安はあったのですが、痛みがあるわけではなかったので、先送りにしていました。

10年ぶりに歯医者に行こうと思ったのは、子供達が歯医者に通うようになり「行きつけ」ができたからという理由もあります。 以前通っていた歯医者は、今住んでいる所からだと遠くて通えなかったので、近くでいい所がないか探していました。 歯医者は沢山ありますが、病院スタッフの雰囲気や、腕の良し悪しは一度行ってかかってみないと分からなく探すのが難しいのですが、子供達が先にかかってくれたお陰で、どんな雰囲気なのか見る事が出来て良かったです。

10年ぶりに姫路市の歯医者に行ってしてもらった事は、虫歯や歯周病のチェックです。歯周病なんて自分には縁のないものだと思っていましたが、年齢的に気にしなくてはいけない年になっているそうでチェックされました。 長くかかっていなかった割に、歯の状態は良かったようで、虫歯にも歯周病にもなっていませんでした。 
ただ、歯ぐきが下がってきている事を指摘されました。原因は、年齢的なものと強いブラッシングのし過ぎと言われました。 年齢的なものは仕方がないにしても、この40年近く歯ブラシは力を入れてするものだと思っていたので、それが間違っていた事にショックを受けました。今は、小学校でも歯科講話というものが年に数回あり、子供たちは学校で歯科衛生士さんからブラッシングの仕方を学べるのですが、歯ブラシは軽く持ち優しく磨くように指導されるそうです。 私も、今までに歯医者でブラッシングの仕方を習った事がありますが、強く磨いてはいけないと一度も言われた事がないので、あれは何だったのかと思います。

今更ですが、これ以上歯ぐきの下がりを進行させない為にも、今は優しく磨くようにしています。 歯石が付いたのを放置するのも歯の下がりを進行させる原因になるそうなので、定期的に歯医者に通って検診と、歯石取りをしてもらっています。

ついつい後回しにしてしまいがちな歯の検診ですが、定期的に通うことで予防になる事を知ったので、面倒くさがらずに通おうと思います。
2017年03月15日(水) 10時35分
私の親戚で面倒見の良い女性がいます。近頃家業の他に新しいことを始めました。アロママッサージです。マッサージをしている所を見学させてくれると言うので、出かけてきました。自分がマッサージをしてもらう時には、どんな手順でどうやってしているのか、見ることは出来ないので、珍しい体験が出来ると思ったのです。

マッサージは足の裏から始まりました。足の裏には反射区と言うツボをもっと広くしたような区域が有ります。足の裏に有るものですが、刺激すると身体の全く別の場所に響き(胃の反射区を刺激すれば、胃に響く訳です)、不調を解消することに役立ちます。その脊椎や神経に関する反射区を刺激し、そのままふくらはぎ、太腿の裏へと上ります。そして最終的には背骨の周り、首、頭と行います。

マッサージする時にはオイルを使って滑りを良くしますが、変わっているなと思ったのは、アロマオイルの原液を使っていたことです。普通は刺激が強いので絶対にしてはいけない、と言われていることです。私の親戚によれば、アメリカの会社が製造しているそのアロマオイルは、口に入れても害の無いほど刺激が無いそうです。実際に私はその後、サイダーにオレンジのオイルを垂らした物をごちそうになりました。ハーブの薬効がそのまま含まれているので、マッサージに使うことで皮膚からもその薬効が浸透するそうです。
普通はアロマオイルの薬効は香りを嗅ぐことでしか、体内に摂り入れることが出来ません。私以外にもその場に何人かの主婦がいましたが、皆感心してマッサージを見学していました。

マッサージの実験台になっていたのも、近所に住む主婦の一人でした。私もよく知っている人ですが、義理の両親の介護で大変な思いをしている人です。マッサージは短い時間でしたが、身体がほぐれるのと同時に気分までほぐされたようでした。マッサージをする側の私の親戚ですが、最初の実験台は自分のお母様だったそうです。
毎日マッサージを行った所、丸くなっていた背中が伸びたそうです。それまで背中が丸くなっていたため、仰向けに休むことが出来なかったので、お母様に大変喜ばれたそうです。親戚本人も驚き、マッサージの力を実感したと言っていました。

2017年03月15日(水) 10時25分
社会に出てから使用することが非常に使うことが多い印鑑ですが、その効果や意味など詳しく知っている人は少ないようです。
この記事では印鑑に関する基礎知識や豆知識を書いてみました。

・そもそも「印鑑」とは?
「印鑑」や「はんこ」などといろいろな呼び方がありますが、一体どう違うかと問われても、正確に答えることができる人は少ないと思います。
まず、「はんこ」というのはかなり広く使える呼び方です。石や消しゴムなどに文字等の模様が掘ってあって、スタンプのようにして押せるようになっていればそれは「はんこ」です。それを少し硬い言い方にすると「印章」といいます。そしてそれを押印したものを「印影」と呼びます。さらにこの「印影」の中で公的機関に登録したものを「印鑑」と呼びます。

印鑑の代表的なものとしては「印鑑登録」として市役所などに届け出た印鑑がありますが、銀行印として銀行に届け出たものも印鑑と呼びます。
つまり、公的に届け出ず、100円均一などで買ってきて便宜的に押している認印は印鑑ではなく、ただのはんこということになります。

2017年03月02日(木) 19時09分
毎日3時のおやつタイムは、バナナときな粉の蒸しパンを娘と一緒に食べます。
ルクエを使って電子レンジでチンするだけのお手軽おやつです。

なぜ、このレシピで手作りしようと思い立ったかと言いますと、やはり、一言でいえば、「食の安全」を考えたからということです。
パンが大好きな娘の為に、市販のパンを厳選していたつもりでしたが、味付けが濃かったり、添加物が気になったりと、気が気でありません。

この、蒸しパンのレシピはルクエの公式レシピをアレンジしたもので、以下の通りです。
材料は、米粉(大さじ山盛り4杯くらい)、卵1個、エキストラバージンオリーブオイル大さじ4杯、豆乳80cc、きな粉大さじ3杯くらい、バナナ1本、ベーキングパウダー小さじ1杯、です。
少々アバウトなところがありますが、ご了承くださいませ。

2017年03月02日(木) 19時07分
小さいころ家族でよく行くハンバーグの美味しいレストランがありました。
父が大好きな洋食屋さんで、そこのおススメはエビフライと、ハンバーグでした。
子供の頃はハンバーグの方が好きで、ナイフで切ると、中からじゅわ~っと肉汁が出てきて、どうやっても家で母が作るハンバーグではこの肉汁は出ないので、子供ながらに本当に感心して食べたものです。
ソースはもちろん数日間煮込んだデミグラスソースで、とてもコクがあって美味しかったのを覚えています。

父もこのハンバーグが大好きで、ハンバーグと言えば、じゃぁレストランに行こう!というのが我が家の定番でした。
誕生日や記念日など、とにかく家族でよく行ったレストランなのですが、そこのご主人が病気になってレストランをたたまれたので、今はそのレストランはなくなってしまいました。

ないからこそ、あのレストランのハンバーグが一番美味しかったような気がして、あちこちのハンバーグを食べたのですが、どこも敵わないような気がしています。

≪ PREV
1
2
3
4
5
NEXT ≫
 
2024 年 6 月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30